Tuesday, November 15, 2011

【Do217】 コクピットを塗る

さて、ここを何とかしなければ胴体左右が貼り合わせられないコクピットです。

いつも苦手とする処です。 キットのコクピットは昔のモノグラム風とは少し違って、どちらかと言えばタミヤ風なカッチリしたモールドなんですが、仲々良く出来ています。 パーツを丁寧に粗をとってサフを吹き、RLM66で塗装。

エナメルの黒でウォッシングて陰影を付けます。

DSCN5858

乗員が触って擦れる処、角などは金属地肌が出やすく成るし、模型的にはそこで少し陰影を強調する方が見栄えがするので、銀でドライブラシを掛けます・・・・・と普段はやっているのですが、これまで使っていたW&Nのシルバーの油絵の具を使い切ってしまってました(^-^;

以前ホルベインの油彩の銀を買っていたのですが、これは粒子が粗くてドライブラシには不適、ラメラメになってしまうのでダメダメです。 95年、米留していた時に買ったW&Nの銀をこれまで使ってきたので、1本買えばまた10年以上は使えるので、少々高くてもW&Nを買うべきと思い、ウェブで探して三宮の画材店に日曜の朝出向いた処、心斎橋の本店にしか置いてないと聞き、日曜夕にそちらで購入して来ました。 残り少なくなっていた油彩の白も併せて購入。

DSCN5860

控えめにドライブラシを掛け、メーターのベゼルなど細部にちょこまかと色を付けていきます。 シタデルカラーも隠蔽力が強くてレバーの頭など塗るのには好適なのですが、少々乾燥が速いのでメーターをじっくり塗るのには向いて無い様に思います。 自分が下手なだけかも知れませんが、水性では上手く塗れなかったので、油彩で色づけしました。

DSCN5862

W&Nの油絵の具は適度に乾燥時間が長く、延びも良いのでこういうメーターの針などを塗るのにはとても重宝します。 計器盤はクレオスのRLM66で塗装しメーターの盤面をシタデルの黒、ベゼル枠と針を油彩で塗り分けました。

 

DSCN5854

さて、一つ悩んでいること。 キットのプロペラはどうも似てません。 ドイツ機と言うよりも少し太ったハミルトンみたい。

カッティングエッジからレジンの修正用プロペラが出て居たのですが、見比べるとやっぱり、キットのはドイツ機らしくない形ですね。 今暫し悩んでいます。

 

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 14, 2011

【Do217】 強制冷却ファンとプロペラ

また随分間が空いてしまいました。 暫く、お酒を飲んで爆睡すると言う様な生活だったりして。

さて、そうは言ってもドルニエ作らにゃなりません。 コクピットは苦手なので後回しにして、他の小物から手を付けていきます。

キットの強制冷却ファンはフィンのモールドが分厚く、カウリングに収めて見てもとても見栄えが悪い。 そこでフィンの両面から削り込んでシャープに見えるよう加工しました。

DSCN5851

左がキットのまま、右が削り込んだパーツ。一目瞭然でしょ?

DSCN5852

スピナーとの嵌合面に押し出しピン跡が有りスピナーとぴったり合わないので、若干の削り合わせを行ってスピナーと合わせます。こうしておけば塗装の後にペラを挟み込んで組み合わせられ面倒になりそうなマスキングを一手間省く事が出来ますね。

最初このパーツを見た時には、とても不細工なのでフィン、スピナー、プロペラ一式をタミヤのFW190(D型を作れば不要部品として1機分余る)からスカウトしようと考えたのですが、スピナーはともかく強冷ファンはカウリングと径が会わず、FW190の方が径が小さくスカスカになるのでカウリングとの調和を考えキットの部品を削り込んで使うことにしました。

でも実機では、エンジンとこのファン部分って一体のアッセンブリじゃ無かったんだっけ?

 

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 25, 2011

【Do217】 機体各部の透明化

翔バナイカイさんの作品展の折に、K先生から色々と御教示戴きました。

Do217のカウリングには、左右両側にプロペラピッチ計の窓が有ること、キットでは単なるのスジボリで表現されています。 世傑の図を見ると上カバーの分割線の下に有る様に描かれているのですが、29頁や31頁の写真を見ると分割線の上側、上カバーのラッチとラッチの間に有る様に見えます。(31頁の写真では塞がれてますが)

キットの丸いモールドもラッチの間に有るので、この部分に透明ランナーを埋め込みました。 手近な透明ランナーを概ねφ2mm径に削って2mmのドリルで開口した穴に突っ込み、瞬間で固めてツライチになるまで表裏から削ります。

DSCN5834

DSCN5833

アンテナ取り付け基部も絶縁のために透明プラスチックになっていた部分が有るとの事で、同じ様に透明ランナーを埋め込んでツライチに削ります。 少し大きめに透明にしておき、窓の部分をマスキングしてサフを少々厚く塗れば良い感じになるでしょう、きっと。

DSCN5832

今回作る機体では、胴体側面の大きなバルジ(これは魚雷のフィンを避けるための膨らみ)は無いので削り落とします。 Do217では作る機体によってバルジが有る機体、無い機体と一定では無いので個別の機体を製作するときには注意が必要ですね。

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, October 24, 2011

【Do217】ヒートペンは夢のパテ盛りツールとなりうるか?

前々から、スジボリを埋めて彫り直すのに、元のプラと同じプラだったら楽だよなぁと思って居ました。

ヒートペン、低温専用のハンダごてみたいなものですが、F-2の乗員のポーズ換えの時に使って好印象だったので、今回部品の隙間埋めにランナーを盛りつけて使ってみることに。

D2X_5247

ヒートペンの温度を210℃くらいに設定し、キットのランナーから少しだけプラを鏝先に取って接合部に盛りつけていきます。じわっと溶かしながら機体に馴染ませるように。 温度が高すぎると機体が変形するので要注意。

D2X_5249

直ぐに冷めるので、そこかあらガリガリと水ペーパー掛けて行きます。

どうも盛りつけたプラと部品の境界面では今一つ溶け合って居ないようで所々剥離も。そこは溶かして撫でつけが必要で一発では決まりませんが、同じプラなので削るときは違和感なく作業性は悪く無いです。

D2X_5250

粗めの番手の水ペーパーを使って、スジボリを損なったので反対側でマスキングテープにパネルラインをなぞってスキャンしました。

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, October 21, 2011

【Do217】まずは補強から

  キットでは外翼が別部品に成っていますが、外翼と内翼を併せるベロがごく小さいもので、これだと作業中や完成後の強度に不安を感じます。

D2X_5244

ベロを削り落とし、プラバンで裏打ちしてプラ棒で補強を入れました。 タミヤ(白)でガッチリと溶かし付けて、周囲を瞬間で固めます。

D2X_5246

溶剤系を使うと乾燥に時間が掛かるので、こういった補強は製作の早い段階でやるようにしています。

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 04, 2011

【Do217】着手

DSCN5828 by maj.yas_okubo
DSCN5828, a photo by maj.yas_okubo on Flickr.

2011/10/03 9/24の帰省時に凧一先輩より譲って頂いたプロモデラーのドルニエ217。 年明け早々の横浜までに頑張って完成させなきゃなりません(^-^;

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, January 09, 2011

【Bf109】 筋彫り、もうちょっと効率良く出来んものか

さて、主翼前縁の様な曲がりが強い所はガイドにそって罫書き針で彫ろうとしても仲々逸れてしまう事も多々有ります。

こういった所では切り出しが重宝します。 モデラーズのハイテクテープをガイドにして切り出しの腹を押し当てて当たりを付けます。これをエッチングノコでさらってやると割と簡単に筋彫りの復旧が出来ます。

切り出しを使う時のコツと言うか、心構えについては、こちらのがらんどうさんのサイトの頁をいつも参考にして読み返して居ります。

DSCN4173

ここ一番!って時には高橋刃物店で購入した切り出しを使うのですが、普段は写真に写ってるステンレス製の安物です。これは替刃式ので鈍ったら研がずに新しい刃に替えるんですが、今の刃をもう5年位使っています(汗

胴体側面のアクセスパネル、カッティングシートをテンプレートにラインチゼルで彫り込んで行きます。 しかし、どうもこのカッティングシートだと上手く行きません。

広島乱流会のAパパさまから、別のカッティングシートで硬く粘着力が強い物が有って、それは使えると情報を戴いたので後ほど画材屋に調達に行きました。

DSCN4174

さて、主翼に胴体を乗せてバランスを見ます。 概ね悪くないかな?

DSCN4175

イラストレーターを使ってパネルラインを描きます。

DSCN4181

透明なカッティングシートを調達し、クラフトロボでカット。 さて、どうなりますやら? でもこれまで使ってた白の物よりは腰があって使えそうな印象です。

DSCN4183

機首上面の手掛け。イラレで原稿を描き、クラフトロボでカットしたシートを貼って針先で罫書きます。新しく買って来た透明のカッティングシートは捲れず剥がれず、良い具合にテンプレートになりました。

DSCN4185

さて、使えそうな手応えが有るので、今夜はこれから残った筋彫りに挑戦であります(^o^)

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, January 08, 2011

【Bf109】 主翼の比較

ハセガワの1/48メッサーの欠点として良く指摘されるのが主翼です。 主翼の欠点は大きく2点、1つは主翼の厚みが足らない事。 もう一つが翼端が尖り過ぎているのではないかと言う事です。

フジミ、ハセガワとも主翼の上下を接着しました。各翼の後縁など合わせ目にはしっかり黒瞬間を盛っています。 どうせ後からガリガリ後縁は薄くするので少々はみ出しても気にしない。

DSCN4167

さて、ハセガワの翼端はどうなんでしょう? プロポーションに定評の有るエアフィックスと比べて見ます。

DSCN4169

左からエアフィックス、ハセガワ、フジミの順。 こうして見るとエアの翼端のカーブとフジミのそれは割と似ています。 ハセガワのは翼端のカーブの頂点でやはり少々尖っている様に見えます。

では、やはりプロポーションに定評の有るレベルG-10と比べるとどうでしょう?

DSCN4170

左からレベル、ハセガワ、エアフィックスの順です。 レベルはエアフィックスよりはやや尖った印象ですが、それでもハセガワ程には尖っていません。 やっぱり一寸、ハセガワの翼端は平面形に於いて尖り過ぎじゃないんでしょうか。 ちなみにABE氏の図面はフジミとレベルの中間くらいがほぼぴったりで、それからするとエアはもう少しシャープに削り込んでも良いのかも知れませんね。

 

DSCN4172

さてフジミの主翼です。バルジと前縁スラットも付け、合わせ目を修正したら消えた筋彫りのやり直し。

DSCN4171

ハセガワの方は翼端の平面形がどうも気に入らないので金ヤスリで少しカットして平面を出し1.2mmプラバンを貼り付けました。 タミヤ白蓋でしっかり溶着し、溶剤が飛んだら周りを瞬間で固めて削り込みます。 乾燥時間は掛かりますけど実作業はそんなに掛からないんじゃないかな?

 

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 07, 2011

【Bf109】 スジボリ、新しい試みは上手く行かず

DSCN4164

2011年01月04日 クラフトロボでカッティングシートをカットして、テンプレートを作成。

DSCN4165

2011年01月04日 操縦席後方の物入れのパネルの形で作成したテンプレートでスジボリを彫る。 ここは上手く行ったのだが・・・

DSCN4166

2011年01月04日 後部胴体のアクセスパネルのスジボリの際には針先がテンプレートに当たりテンプレートが捲れ上がってしまいスジボリがヨレヨレに。 瞬間で修正し、ガネットさんで買ったガイドテープで囲って改めて彫り直し。

カルコやラインチゼルで彫っている時に、カッティングシートの厚みはガイドとして十分で、針先がシートを乗り越えたりする事は無かったのですが、どうもコーナーの様な針が当たる所で捲れ上がって来てシャープに決まりません。

ガネットさんのガイドテープと比べるとカッティングシートでは硬さと接着力が劣っている印象で、その為に剥がれて歪んでしまうのでしょう。

以前はOHPシートをはさみで切り抜いて筋彫り用のテンプレートを作っていましたがこれは非常に具合が良いものでした。 最近はOHPシートも仲々電気店や文具店で見かける事も少ないのですが、また探してみようと思います。

OHPシート、クラフトロボで切れるのかな? もし切れるなら自在にオリジナルのスジボリ用テンプレートが作れて筋彫りがぐっと楽になるのですが。。。

 

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, January 05, 2011

【Bf109】 機首の形はこんなもんで

さて、昨日のエントリーでは新年のご挨拶を失念しておりました。

昨年3月に祖母が他界致しましたため、各所への新年のご挨拶は控えておりましたが、今年も昨日から、仕事も始まりましたし、平常進行で参ります。

DSCN4085

これはハセガワBf109(G-2)の尾部。 昔作りかけで放置していたのを密柑山からサルベージした機体。 接着や塗装の乾燥待ちの間に、ついでにこちらも少し進める。

ハセガワのF型のキットは垂直尾翼が一回り小さいのがとても気になる。 フジミやエアフィックス、ハセガワG-6と比べると天地方向で概ね2mmほども小さい。コードも僅かに不足している印象なので一旦ラダーを切り飛ばし端面に0.5mmプラバンを貼り、上端も積層プラバンで置き換えて高さとコードを少し稼いで見る。

さて、フジミに戻ってと。

DSCN4150.JPG

DSCN4151.JPG

DSCN4152.JPG

サフを乾燥させて研いでみて、スジボリを入れると所々瞬間が剥離して表面に傷や気泡の跡がアバタになっている。そう言う所にはまた瞬間を少し垂らして削ってツライチに均していく。

辛気臭いなぁ。

 

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

| | Comments (2) | TrackBack (0)