« 【Do217】 機体各部の透明化 | Main | 【Do217】 コクピットを塗る »

Monday, November 14, 2011

【Do217】 強制冷却ファンとプロペラ

また随分間が空いてしまいました。 暫く、お酒を飲んで爆睡すると言う様な生活だったりして。

さて、そうは言ってもドルニエ作らにゃなりません。 コクピットは苦手なので後回しにして、他の小物から手を付けていきます。

キットの強制冷却ファンはフィンのモールドが分厚く、カウリングに収めて見てもとても見栄えが悪い。 そこでフィンの両面から削り込んでシャープに見えるよう加工しました。

DSCN5851

左がキットのまま、右が削り込んだパーツ。一目瞭然でしょ?

DSCN5852

スピナーとの嵌合面に押し出しピン跡が有りスピナーとぴったり合わないので、若干の削り合わせを行ってスピナーと合わせます。こうしておけば塗装の後にペラを挟み込んで組み合わせられ面倒になりそうなマスキングを一手間省く事が出来ますね。

最初このパーツを見た時には、とても不細工なのでフィン、スピナー、プロペラ一式をタミヤのFW190(D型を作れば不要部品として1機分余る)からスカウトしようと考えたのですが、スピナーはともかく強冷ファンはカウリングと径が会わず、FW190の方が径が小さくスカスカになるのでカウリングとの調和を考えキットの部品を削り込んで使うことにしました。

でも実機では、エンジンとこのファン部分って一体のアッセンブリじゃ無かったんだっけ?

 

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

|

« 【Do217】 機体各部の透明化 | Main | 【Do217】 コクピットを塗る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39308/53240706

Listed below are links to weblogs that reference 【Do217】 強制冷却ファンとプロペラ:

« 【Do217】 機体各部の透明化 | Main | 【Do217】 コクピットを塗る »