« 【Do217】まずは補強から | Main | 【Do217】 機体各部の透明化 »

Monday, October 24, 2011

【Do217】ヒートペンは夢のパテ盛りツールとなりうるか?

前々から、スジボリを埋めて彫り直すのに、元のプラと同じプラだったら楽だよなぁと思って居ました。

ヒートペン、低温専用のハンダごてみたいなものですが、F-2の乗員のポーズ換えの時に使って好印象だったので、今回部品の隙間埋めにランナーを盛りつけて使ってみることに。

D2X_5247

ヒートペンの温度を210℃くらいに設定し、キットのランナーから少しだけプラを鏝先に取って接合部に盛りつけていきます。じわっと溶かしながら機体に馴染ませるように。 温度が高すぎると機体が変形するので要注意。

D2X_5249

直ぐに冷めるので、そこかあらガリガリと水ペーパー掛けて行きます。

どうも盛りつけたプラと部品の境界面では今一つ溶け合って居ないようで所々剥離も。そこは溶かして撫でつけが必要で一発では決まりませんが、同じプラなので削るときは違和感なく作業性は悪く無いです。

D2X_5250

粗めの番手の水ペーパーを使って、スジボリを損なったので反対側でマスキングテープにパネルラインをなぞってスキャンしました。

更新の励みになりますので、コメントなど有りましたらお気軽にお願いします。 また、こちらへクリックの程お願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

なかのひと

|

« 【Do217】まずは補強から | Main | 【Do217】 機体各部の透明化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39308/53070578

Listed below are links to weblogs that reference 【Do217】ヒートペンは夢のパテ盛りツールとなりうるか?:

« 【Do217】まずは補強から | Main | 【Do217】 機体各部の透明化 »